みどりが丘歯科クリニック/緑が丘駅の歯医者/大井町線「緑が丘駅」徒歩0分/土曜日も診療/歯周病専門医

親知らず

こんな症状はありませんか?

もしかすると親知らずの影響かもしれません。一度診てもらうことをお勧めいたします。

『 舌で触ると、硬いものを奥に出てきた 』
『 一番奥の歯茎から血が出る、臭う 』
『 噛むと一番奥が痛む 』 
『 体調が悪い時に奥の歯茎が腫れてきた 』
『 下の前歯の並びが以前よりも変わってきた』

  • 親知らず

    抜かなければいけないの?

    親知らずは生え方によっては、ほおっておくと腫れたり、痛くなったりすることがあります。特に、ちゃんと生えきれずに横にたおれて埋まっている場合は腫れ、痛むことが多くいだけでなく、手前の歯に悪い影響を与えることがあります。また症状がなくても、手前の歯が虫歯になっていたり、歯周病になっていることが診査でわかることもあります。そのような場合にも、親知らずを抜歯することをお勧めいたします。

    しかし必ずしも抜かなければならないわけではありません。上下の親知らずがしっかりと生えていて、なおかつ、しっかりと噛み合っていて機能しているような場合は温存することもありますし、他の歯が失われてしまった際に、移植する歯として利用できそうな場合(→歯の移植)、入れ歯の支えとして利用できそうな場合などでは、抜かずにとっておいた方が良い場合もあります。

  • 親知らず

    とはいえ、実際に親知らずを抜くことになっても、気がすすむものではありません。周りの経験者の方から『 すごく痛かった。。。 』 『 すごく腫れた。。 』 などネガティブな情報をお聞きするとなおさらです。しかし実際には生え方や、部位、骨の硬さなど、その人その人によって異なります。またその時の患者さんの体調等にも左右されますので、あまり鵜呑みせず、参考程度にした方が良いと思います。当院では、患者さんの気分、体調、痛みに最大限の配慮をし、しっかりとお時間をとり、無理なく安全な親知らずの抜歯を行なっておりますので、ご安心ください。また、血管、神経と近接しているような極度に埋まっている親知らずに関しましては、提携している、近隣総合病院の口腔外科や、昭和大学歯科病院の口腔外科をご紹介させていただく場合もあります。

『緑が丘駅』より徒歩0分

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-10-14 TEL:03-3725-8214

電車でご来院の方

東急大井町線 『緑が丘駅』より徒歩0分
『自由が丘駅』より徒歩12分
東急目黒線 『奥沢駅』より徒歩8分

お車でご来院の方

専用駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用下さい。 駐車場マップ

自転車でご来院の方

専用駐輪場はございませんので、緑ヶ丘駅横の駐輪場をご利用下さい。

土曜日も診療しています

△土曜日は18:00までの診療となっております (祝祭日を含む週の水曜日は診療しております)

03-3725-821403-3725-8214
診療日時