みどりが丘歯科クリニック/緑が丘駅の歯医者/大井町線「緑が丘駅」徒歩0分/土曜日も診療/歯周病専門医

私たちは子育てパパママを応援してます。一緒にお子さんの歯を守ってあげましょう。

  • 小児歯科

    自分は歯で苦労したので、子供はそうさせたくない

    子育て中のお母様がよく言われるフレーズです。どなたもお子さんの成長とともに、お口の中の健康も維持してあげたいと思うものです。私も子持つ親として、同じ気持ちであります。

    親子間でスプーンなどの食器を共有しない。お菓子を与えない。どんなことがあっても寝る前に必ず歯を磨く。どれも虫歯を予防するためには正しいことではあります。しかし、毎日子育てに奮闘している親御さんの苦労は本当に大変なものだと思います。徹底しようと思ってもなかなかそうもいかないでしょうし、泣いたらお菓子を与えてしまうこともあるかも知れません。ご飯の後、疲れて寝てしまったお子さんのかわいい寝顔を見て、わざわざ起こして歯ブラシをする気にはなかなかなれないかも知れません。

    それでも我が子を虫歯にはしたくない。これは親としての共通の思いだと思います。

    大切なことは虫歯を予防するための情報を知った上で管理し、習慣づけていくことだと考えております。

  • 小児歯科

    お父さん、お母さんへ (初めてお子さんの歯の治療が必要になった時は)

    お子さんを安心させるために、『怖くないからね、痛くないからね』などと事前に伝えておくことは、実は逆効果なことが多く、敏感な子はかえって恐怖心を抱いてしまうことがあります。

    なるべくネガティブな用語を用いず『歯医者さんに遊びにいこう!』 『お姉さんにピカピカにしてもらおう!』 などと表現を工夫していただくことをお勧めいたします。

    またそれでも、怖がって治療を拒んでしまう子に対し、何が何でも治療を完了するようなスタンスで私どもは診療を行っておりません。できることから試してみて、『今度はこれをやってみよう!』 と少しずつ治療に近づけていくよう対応させていただいております。一度で治療は終わらないので、来院回数がかかってしまいますが、その方が、確実にお子さんが歯医者さんをトラウマにならずに、近道だと考えております。子供達の虫歯を治すことだけが小児歯科ではありません。忙しいお母様がたには申し訳なく思いますが、ご理解いただけると幸いです。

  • 小児歯科

    お父さん、お母さんへ (初めてお子さんの歯の治療が必要になった時は)

    食生活の変化により、柔らかい食べ物が増え、現代人の顎の大きさが昔よりも小さくなってきています。生えてくる歯の本数に変わりはないのにもかかわらず、顎の大きさが小さくなってきているので、必然的に現代人は綺麗に歯が生えそろう割合も少なく、歯並びが良くないお子さん、結果的に噛み合わせが良くないお子さんもが増えてきています。歯並びが良くないと、歯ブラシを効果率良く効果的に当てることも難しく、虫歯、歯周病のリスクにも影響を与えます。また歯並びの影響により、噛み合わせが悪いと、噛む力が局所に集中することが多く、大きな負担を強いられる歯が、トラブルに見舞われる可能性も高くなります。

    お子さんの矯正治療の最大の目的は、永久歯への生え変わりに時期をうまく利用して、綺麗な永久歯の歯並びと、理想的な噛み合わせへ導いてあげることです。

    そのためには、これから生えてくる永久歯を無理なく、生えそろうようなスペースを確保してあげることです。

小児歯科
  • 小児歯科

    Poin1

    虫歯は虫歯菌が出す『酸』によって歯の表面のエナメル質が溶ける疾患です。(→酸による影響)この虫歯菌は歯の表面の食べかすに集まり、そこで繁殖します。この塊、ぬめりを『歯垢しこう・プラーク』と呼びます。このプラークが付着した状態で、再び何か(特に糖分)を口にするということは、プラーク中の虫歯菌に餌をあげていることになるのです。餌を取り入れた虫歯菌は酸を酸性し、歯を溶かしてしまいますので、磨き残しがないようにしっかりとプラークを取り除くことがとても大切なのです。

  • →酸による影響 小児歯科
    間食回数の増加は、継続的なpHの低下を持続させ、その結果、脱灰時間が延長して虫歯のリスクを増加させるので、規則正しい食生活習慣が望ます。
  • 小児歯科

    Poin2

    (0歳児) まだ乳歯が数本しか生えていない0歳児の頃は、ガーゼなどで拭ってあげる程度良いでしょう。
    (1歳半〜3歳児)ある程度乳歯が生えそろうこの時期には歯磨きの習慣を身につける大切な時期です。『歯磨き=楽しい・気持ちいい』と記憶してもらえれば大成功です。一方で親がおさえて無理やり歯磨きをすると、『歯磨き嫌い』になってしまうお子さんも多いので注意が必要です。そのように記憶しないためにも、はじめはパパまたはお兄ちゃんや、お姉ちゃんに協力してもらい、楽しそうに歯磨きをしてもらっている姿を見せてあげてください。自分もやって!やって!という気持ちにさせてあげるのも一つの方法です。

  • 小児歯科

    Poin3

    間食をよくする子、好きな時にお菓子を食べている子は確実に虫歯になりやすいです。間食、おやつの取り方は、概ね学童期の間までは親が管理してあげなければなりません。基本的に、お口の中は中性に近い状態で保たれていますが、ある一定の酸性状態(pH5.5)になると歯の表面が溶け出します(脱灰)。食事をすると、必ず酸性に傾きますが、唾液が中和してくれることで、また中性に戻してくれます(唾液の緩衝作用)。また唾液中のリン酸イオンとカルシウムイオンが歯の表面を修復してくれます(再石灰化)。ところが、間食が頻回であると、この中和と再石灰化が追いつけず、お口の中は酸性の状態が続き、虫歯になりやすい状態になってしまうのです。例えば、5つのチョコレートを3時のおやつとして一回で食べるよりも、1時間おきに一つずつ食べる方が、虫歯のリスクは高いのです。理想的な間食の取り方は、規則正しく、決められた時に取ることです。

  • 小児歯科

    Poin4

    虫歯のない乳歯の頃から、歯医者さんで定期的なチェックと歯のクリーニングやフッ化物による歯の強化を行う習慣は、お子さんの歯を守るためにはとても有効です。

    当院ではご自身の定期検診、歯のクリーニングにお子さんと一緒にいらっしゃる方が多くいらっしゃいます。最初は横でちょこんと座って、パパやママが衛生士にお掃除をしてもらっているのをおとなしく待っていますが、慣れてくれば、お子さんもごく自然に私たちに口の中を見せてくれるようになります。これはその子にとっては、とっても意義のあることだと私たちは思っております。マイナスなイメージから始まらず、何気ないコミュニケーションから、歯の検診がその子にとって習慣化すれば、将来的なお口の中の健康にも大きく影響するからです。是非ご一緒に来院されてみてください。

    もちろん定期的なチェックアップを行なっていても、悲しいことに普段の間食の取り方やお手入れ状況などによっては虫歯になってしまうお子さんもいらっしゃいます。しかし、早期に発見できるメリットもありますし、年齢や、生え変わりのペースによっては治療せずに管理することも可能です。また、たとえ治療が必要になったとしても、初めて行く歯医者さんで、知らない人たちに治療をされるわけではないので、お子さんにとっては最小限の緊張で治療が行えると思います。

『緑が丘駅』より徒歩0分

〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-10-14 TEL:03-3725-8214

電車でご来院の方

東急大井町線 『緑が丘駅』より徒歩0分
『自由が丘駅』より徒歩12分
東急目黒線 『奥沢駅』より徒歩8分

お車でご来院の方

専用駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用下さい。 駐車場マップ

自転車でご来院の方

専用駐輪場はございませんので、緑ヶ丘駅横の駐輪場をご利用下さい。

土曜日も診療しています

△土曜日は18:00までの診療となっております (祝祭日を含む週の水曜日は診療しております)

03-3725-821403-3725-8214
診療日時